« ((((;゜Д゜)))新聞 | トップページ | Σ(゜Д゜;エーッ!新聞 »

┌(゜Д゜)┘新聞

すべての事象が“祭り化”される〜ニコニコ動画ライフログの時代(COLUMN)
 情報処理学会創立50周年記念全国大会で10日、講演「CGMの現在と未来:初音ミク、ニコニコ動画、ピアプロの切り拓いた世界」が実施された。ボーカル作成ソフト「初音ミク」や動画コミュニケーションサイト「ニコニコ動画」の開発者ら4名が登壇。それぞれの立場からCGM(Consumer Generated Media)の現状を分析するとともに、その未来像について討論した。
● “個数制限付きタグ”がニコニコ動画を盛り上げた?
 ドワンゴ研究開発本部の戀塚(こいづか)昭彦氏は、“開発総指揮”として携わる「ニコニコ動画」の歴史、各機能の狙いについて、いくつかの“時代別”に分けて解説を行った。
 まず最初期、2006年末の誕生からしばらくの間は「コメントの時代」。大群衆による盛り上がりを表現した“弾幕”、アスキーアートならぬ“コメントアート”など、動画の視聴者側がコミュニティを直接盛り上げていた。また、新着性の高いランキング機能は、盛り上がっている作品を知らしめる効果が非常に高かったという。
 続いて「タグの時代」だ。戀塚氏は「タグ自体はそれほど珍しい機能ではないが、ちょっとひねった使い方を模索した」という。ニコニコ動画では、1つの動画に対して付加できるタグは最大10個までとあえて制限が付けられている。その上で誰でも追加・削除可能になっているため、頻繁にタグが書き換えられてしまう。
 しかし戀塚氏によると、これは運営者側が想定していた用途そのもの。動画の内容を短文で的確に表現できたタグは修正されず結果的に残り、かつ他人が真似することも容易なため、各動画の関連性を高めるために非常に効果的だっだと振り返る。初音ミクの人気向上にも少なからず寄与しているというのが戀塚氏の分析だ。
 一方、爆発的な盛り上がりによって利用者数が拡大したため、ユーザー間では機能習熟度の差といった摩擦も生まれてしまったという。そこで、少数のユーザー同士の交流を目的にコミュニティ機能を付加した。これが「コミュニティの時代」だ。ユーザーによる生放送などが可能になったのもこの時期にあたる。
 そして現在は、「ライフログの時代(仮)」へと移行する途上だ。Twitterとの連携機能、SNS風の機能などを盛り込み、よりソーシャル性を高めるのが狙いという。
 戀塚氏はCGMの未来像として、「ニコニコ動画の各機能は、過去や現在すべてをネタにし、いつでも祭りが起こっている状態の実現を目指して作られている。これからは未来をネタに祭りができるようになるかもしれない」と講演テーマになぞらえた私見を披露。
 データの分析、コンテンツ作成のためにユーザー同士を引き合わせるといった行為、つまり創作現場ですでに起きている一般事象すらも、“祭り化”されていくのではないかと語っている。
● 「ニコニコ動画は21世紀のメディア史にかならず残るはず」
 戀塚氏に続いて最後のプレゼンを行ったのは日本技芸 リサーチャーの濱野智史氏。開発者ではなく、研究者の立場からCGMの有り様を語った。
 消費者自身がコンテンツを作成し、メディア化するという「CGM」の概念は近年特に注目されるようになったが、極端に新規性の高い概念ではないと濱野氏は説明する。「アルビン・トフラーは著書『第三の波』で(CGMと似た概念である)“プロシューマー”を80年代に提唱している。ただし、CGMがここまで認識されようになったのは、2000年代になってインターネットが一般化したことと無関係ではない」と、その歴史的位置付けを強調する。
 加えて、日本では究極のCGMといえそうなコミケット(同人誌即売会)のような文化が従来から根強くある。「YouTubeのTOPページではサムネイルにたくさん人間の顔が写っているが、ニコニコ動画ではアニメキャラクターのイラストばかり」と語って聴講者を笑わせる場面も。こうしたアニメキャラクターの創作物の多さは、日本ではオタク文化がCGMに与えている影響が極めて大きいことの証拠だと指摘した。
 また濱野氏は、ドイツの文化社会学者ヴァルター・ベンヤミンが1930年代に著した「複製技術時代の芸術作品」の言葉を引用。芸術作品は“いま・ここでしか見られない”という「1回制」によって「アウラ(オーラ)」を宿すが、レコードやフィルムなどに大量複写されてしまうとその希少性が失われ、「アウラ」も喪失してしまうという考えだ。
 対してニコニコ動画は、映像形式の芸術作品を単にコピーして配信するのではなく、その作品を楽しむための場、コンサート会場などに足を運ばなければ得ることのできない“環境”そのものを字幕などの形で擬似的に提供できていると指摘。「1回制」を超越した独特のサービスゆえに「ニコニコ動画は21世紀のメディア史にかならず残るはず」と論じると、客席からは拍手が起こった。
 濱野氏はまた、ドワンゴの戀塚氏が解説したニコニコ動画独自のタグ機能自体、N次創作の土壌にもなっていると言及。限られた数のタグをユーザーが改変しあい、結果的により良いものへと変化していくスタイルは、二次創作や三次創作を元にした創作、つまりN次創作にほかならないと分析している。
 濱野氏は、国内CGMの代表格といえるニコニコ動画が今後も発展していくことによって、「ネット上のバーチャル空間を飛び出してリアル空間でも“祭り”を引き起こせるかに注目していきたい」と語る。さらには「初音ミクを政治家にできないか?」とも発言。政策立案などの個別職務を複数のユーザーが分散して担い、仮想キャラクターに代弁させられればそれがもっとも理想的な代議制ではないのか、という問題提起もしている。


モバゲー、月間500億PV突破--ただしEC事業は伸び悩む
 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するモバイルポータルサイト「モバゲータウン」の月間アクセス数が2月に500億ページビュー(PV)を突破した。ただし、同社のEC事業は伸び悩んだ。
 モバゲータウンの2月の月間PVは前月比14.7%増の517億8600万PV。会員数も5.0%増の1725万人と伸びている。
 一方、DeNAグループが運営する、ビッダーズなどのECサービスにおける売買成立高の合計額(総取扱高)は前月比11.9%減、前年同月比でも9.8%減の98億7700万円にとどまった。

「仰げば尊し」「蛍の光」今は昔? 卒業式ソングは「J−POP」
 夢や希望を胸に、多くの生徒たちが涙とともに学舎(まなびや)を後にする3月。卒業式の定番だった「仰げば尊し」「蛍の光」といった歌に代わり、最近では、生徒に人気の日本のポップスが歌われることが多くなってきた。「身近な歌の方が生徒は気持ちが込められる」と先生方の反応はおおむね好意的だが、卒業式ソングの“世代交代”には複雑な思いが去来する関係者もいるようだ。
 12日に卒業式を控えた横浜市立生麦中。卒業シーズンらしく、校内には三部合唱を練習する中学3年生の歌声が響く。この曲は3人組バンド「absorb(アブソーブ)」の「桜ノ雨」。今年初めて卒業式で歌われることになった。
 「桜ノ雨」はインターネットの動画サイト「ニコニコ動画」がきっかけで人気に火が付いた曲。生麦中でも「歌詞に共感した」と、生徒側が先生らに卒業式で歌うことを働き掛けてきた。生麦中のほかにも、この春、全国約40校の卒業式や3年生を送る会などで「桜ノ雨」が歌われる予定という。

都心のオフィス空室率、過去最大 ヒルズ開業の03年上回る
 東京都心の賃貸オフィスビル空室率が過去最高になった。オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が11日まとめた2月末の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の空室率(解約予告を含む)は8.66%と前月比0.41ポイント上昇した。六本木ヒルズなど大型ビルの開業でオフィスの供給過剰が「2003年問題」といわれた03年8月を6年半ぶりに上回った。
 オフィス供給が過剰だった03年に比べ、現在は需要不振が空室率の拡大の主因だ。リーマン・ショック後に賃料の安い都心周辺部へのオフィス移転が加速。昨夏以降は会議室圧縮など小規模なスペース縮小が続いている。森ビルの調査では23区の供給面積は09、10年とも約90万平方メートルで、216万平方メートルだった03年の半分以下にとどまっている。
 新築ビル(築後1年以内)の成約不調が目立つ。都心5区の2月の空室率は30.38%と全体を大きく上回る。既存ビルに比べ募集賃料が3〜4割高く、敬遠されている。

米、輸出倍増へ関係閣僚会議 オバマ大統領、4月に初会合
 【ワシントン=大隅隆】オバマ米大統領は11日、1月に打ち出した「輸出倍増」計画の推進策を発表した。関係閣僚会議を創設する一方、民間企業トップによる大統領輸出評議会を再開する。暗号ソフトなど軍事関連技術を含む輸出規制の緩和や輸出企業への融資など貿易金融の拡充にも着手。中国の通貨人民元相場の切り上げも促した。米国内で民間主導色が強かった輸出振興で官民一体の態勢を整えて売り込みを展開し、200万人の雇用創出につなげる戦略だ。
 オバマ大統領は11日、1993年のクリントン大統領以来、17年ぶりに米輸出入銀行の年次総会に出席。演説で「(グローバル化の進展を)傍観しているだけでは雇用は創出できない」などと語り、輸出倍増構想への取り組み姿勢と具体策を示す。
 新設する関係閣僚会議は国務、財務、商務などの長官で構成。4月に第1回会合を開く。再開する大統領輸出評議会の会長にはボーイングのマクナーニー、ゼロックスのバーンズ両CEO(最高経営責任者)が就く。

アジアの太陽電池メーカー、日本進出加速
 アジアの太陽電池メーカーの日本市場への進出が加速する。韓国の現代重工業は5月上旬をメドに住宅用の発電システムを発売するため、流通網の整備に着手。中国大手のトリナソーラーも日本法人を設立し、年内に販売を始める計画だ。日本の太陽電池市場が政府の購入支援策で急拡大しているためで、国内大手との競争で価格低下も進みそうだ。
 韓国の機械大手である現代重工は、工務店向けの販売会社と製品の取り扱い契約を結び始めた。屋内で発電量を確認するモニターなど周辺機器も日本仕様の製品を開発しており、太陽電池と一体で販売する。2010年は3万キロワット程度と同社の太陽電池の生産能力の1割分を日本で売ることを目標とし、生産能力を50万キロワットに引き上げる11年には5万キロワット以上にしたい考えだ。

企業年金の積み立て 不足分、負債に一括計上 会計基準委草案
 上場企業が社員の年金や退職金の支払いに備えて積み立てるべき額の不足分に関する会計処理が大きく変わる。2012年3月期から積立不足額を全額、負債として計上する。会計基準の国際化に伴う措置で、多額の積み立て不足を抱える企業は自己資本が減少して財務が悪化する。企業年金の給付水準や年金資産の運用手法見直しにつながる可能性がある。
 会計基準の策定を担う企業会計基準委員会が11日、年金会計(退職給付会計)の改定ルール草案を議決した。10年中に最終決定する見通しだ。01年3月期に年金・退職金の費用処理を義務付ける年金会計が導入されて以来の大幅な改定となる。

日経社説 多すぎる空港の「選択と集中」を進めよ(3/12)
 国内で98番目の空港となる茨城空港が11日、開港した。関係者は「羽田、成田に続く首都圏の第3空港」と意気込むが、就航の決まった定期路線は神戸とソウルの2路線だけで、苦戦は免れそうにない。
 全国には茨城に限らず、需要見通しが甘かった空港が目立つ。国土交通省によると、開港前などに需要予測を出した75空港のうち、直近の国内線利用実績が予測を上回ったのは8空港にとどまった。
 空港を建設したいがために、あえて高めの予測数字をつくった。そう批判されても仕方がない。
 「多すぎる空港」はそこに就航する航空会社にも重荷となる。日本航空の経営が行き詰まったのも、収益性の低い地方路線の開設・維持を政官から迫られたことが一因だ。
 各空港はまず経営の効率化に努めなければならない。茨城空港は建設費を切り詰めた結果、羽田などに比べ着陸料などをかなり安く設定できた。この価格競争力を武器に、格安航空会社を呼び込みたい考えだ。
 関西国際空港は24時間運営の強みを生かして、航空貨物需要の開拓に力を入れるという。
 こうした努力を重ねても、多くの空港は採算に合うほどの需要は見込めないとみられる。空港の「選択と集中」は避けられない。関西には関空をはじめ主要空港が3つあるが、そもそも需要に対して設備過剰ではないか。公的資金による赤字補てんをいつまでも続けるわけにはいかないと関係者は銘記すべきだ。
 空港リストラを進めるうえで欠かせないのが経営のガラス張り化だ。国土交通省は昨夏初めて国管理空港の個別収支の試算を公表した。これは評価できるが、加えて別会計になっていることの多い付随の空港ターミナルビル会社などを含めた総合的な収支の開示が必要だ。
 空港そのものの収支は赤字で、その補てんに公的資金が使われているにもかかわらず、空港ビル会社は賃貸料や駐車場事業で利益を出し、天下りを受け入れている事例もある。適切な情報公開は非効率を一掃するための大切な一歩である。
 充実した「空のネットワーク」はその国が国際社会で存在感を発揮するために不可欠のインフラだ。韓国のように航空を戦略産業に位置付けている国も多い。
 日本では割高な着陸料など空港・航空はむしろ全体の足を引っ張る存在だ。日航再建で法的整理という大胆な手法を選んだ民主党政権には、空港政策の見直しについても思い切った指導力を求めたい。

|

« ((((;゜Д゜)))新聞 | トップページ | Σ(゜Д゜;エーッ!新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ┌(゜Д゜)┘新聞:

» モバゲー@携帯で楽しもう! [モバゲー@携帯で楽しもう!]
モバゲーは携帯専用のゲームや掲示板などさまざまなものが楽しめる、ソーシャルネットワーキングサービスです。 [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 16時11分

« ((((;゜Д゜)))新聞 | トップページ | Σ(゜Д゜;エーッ!新聞 »