« ガ━(゜Д゜;)━ン新聞 | トップページ | (゜Д゜;)新聞 »

(゜Д゜)人(゜Д゜)ナカマ新聞

WBC優勝にわくネット 2chサーバも落ちる
 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦で日本が韓国を破り、連覇を成し遂げた快挙にネットもわいている。“世界最強”を誇る「2ちゃんねる」(2ch)の一部サーバも陥落した。
 2chの実況板や芸スポ板など、スポーツファンが集まる掲示板は試合中から接続しにくい状況が続き、それぞれ日本が韓国に同点を許した9回裏ごろには接続できない状態になった。
 日本勝利の瞬間、Yahoo!JAPANのトップページでも速報。テキスト速報ページは若干重くなるなど、アクセスが集中したもようだ。
 mixiの「mixiニュース」も試合を随時テキストなどで伝え、速報記事で書かれた日記は午後3時前の時点で3000を超えた。

【WBC連覇】「すごい侍がそろった」原監督、ロスの夜空に歓喜の空中遊泳
 延長十回までもつれた宿敵・韓国との死闘を制し、連覇を達成。歓喜の胴上げでロスの夜空に舞った原監督は「すごい侍たちがそろって、世界の強者と堂々と戦い勝利した。1日1日、チームが団結して進化していった」と喜びを語った。
 15安打を放ちながら、得点に結びつかない展開に「うまい監督ならたくさん点を取らせてあげていると思うが、辛抱しながら全員で戦った」と選手をねぎらった。
 延長十回二死二、三塁、決勝の2点適時打を放ったイチローは「苦しいところから始まって辛さがあり、辛さを超えたら心の痛みがあった。最終的に日本のファンに笑顔が届けられてよかった」と重圧から解放され、声を詰まらせた。
 決勝打の場面は「日本のファンの視線がものすごいことになっていると思った」と、心の中で実況中継をしながら打席に入っていたという。日の丸を持ってグラウンドを1周し「すごい気持ちよかった」と満面の笑みだった。
 2大会連続のMVPに輝いた松坂は「僕だとは思わなかった」。
 今大会は3試合に登板し、3勝0敗、防御率2・45。本調子ではない試合もあったが、米大リーグで培った経験を生かした投球で試合を作った。「勝つことが重要な大会なので仕事を果たせてよかった」と話した。

【WBC】韓国ベンチはイチロー敬遠を指示 金監督が中央日報に語る
 WBCの日本優勝を受けて中央日報(電子・日本語版)は「イチローを歩かせなかったのが敗因」とする韓国チームの金寅植(キム・インシク)監督のインタビューを掲載した。
 同電子版によると、金監督は同点で迎えた延長十回表二死二、三塁の場面で、イチロー選手と勝負したことについて、林昌勇(イム・チャンヨン)投手と姜●(=王へんに民)鎬(カン・ミンホ)捕手のバッテリーについて「 ベンチからサインが出て、それを捕手が理解した。 そして捕手が投手にサインを送ったが、安打を浴びた」と説明。ベンチはイチローとの勝負を避けるよう指示していたことを明らかにした。
 金監督はさらに、「悔やまれるのは、はっきりと敬遠のサインを送っておくべきだったということだ。捕手が変わり、若い捕手が作戦のサインを投手と十分に疎通できなかった可能性もある。(中略)それが悔やまれる」とベンチとの意思疎通がうまくいかなかったことが敗因と分析した。

ドコモのバリュープラン、2000万契約を突破
 NTTドコモは、3月18日時点で「バリュープラン」の契約数が2000万件を突破したことを明らかにした。2007年11月26日のサービス開始から、約16カ月で2000万契約を達成した。
 「バリュープラン」は、「バーリューコース」向けの料金プランのこと。バリューコースでは、携帯電話を新規および機種変更で購入する際に、端末代金の支払いを一括か分割払いにすると、毎月の基本利用料が従来よりも1680円割引される。たとえば、「タイプSS」の場合、月額3780円が月額2100円になる。
 905iシリーズ以降の端末で導入され、端末を購入したユーザーのうち9割以上が「バリューコース」を選択しているという。2008年7月26日に1000万契約を達成し、約4カ月後の11月30日に1500万契約、さらに4カ月弱で2000万契約を大台を突破した。

任天堂の「Wii」、世界累計販売5000万台へ 3月中にも
 任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」の世界累計販売が3月中にも5000万台を突破する見通しだ。発売から約2年4カ月での達成は据え置き型で最速という。テレビを見ながら体を動かす「Wiiフィット」「Wiiスポーツ」などの体感型ソフトが人気を集め、ゲーム機に縁の薄かった女性や高齢者にも客層を広げた。
 据え置き型ではソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション2(PS2)」が3年弱で5000万台を出荷したのが最速とされ、Wiiはそれを上回る。任天堂では携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」も3月上旬に累計販売が1億台を突破。発売から約4年3カ月で大台に乗せた。

ミクシィ、mixiアプリ開発者向けイベントを開催
 ミクシィは3月24日、「mixiアプリ」のサービス概要やビジネススキーム、アプリケーションプロバイダへの資金面でのサポートについて説明するイベント「mixiアプリ カンファレンス 2009」を4月23日に都内で開催することを発表した。定員は400名で、すでに参加者の受付を開始している。
 mixiアプリは、パートナー企業や開発者がソーシャルネットワーキングサービス「mixi」内のユーザー同士のつながりを利用して、独自のアプリケーションを開発できるようにするための仕組み。
 ミクシィは2008年の11月より、一部のアプリケーションプロバイダに対してmixiアプリの技術仕様、APIを公開しているが、4月上旬にはオープンベータ版として一般にも公開される予定だ。mixiアプリ カンファレンス 2009では、現在mixiアプリの開発を進めているアプリケーションプロバイダが開発中のアプリを披露するという。

「アンドロイド」でデジタル機器向け組み込みソフトを開発 業界団体が発足
 グーグルの携帯電話向けプラットフォーム「アンドロイド」をベースとしたデジタル家電向け組み込みソフトの開発・普及を目指す一般社団法人「Open Embedded Software Foundation」(OESF、東京・新宿、三浦雅孝代表理事)が24日、活動を開始した。共通で利用できる基盤ソフトを協力して開発し仕様を公開、ソフトの開発費用の削減を目指す。
 参加企業は富士通ソフトウェアテクノロジーズやソフトフロントなど24日時点で23社。今後も家電や車載製品メーカーなどに広く参加を呼びかけ、年内に100社に増やすという。月内にも台湾支部を立ち上げ、韓国、中国企業との連携も目指す。

自動車国内販売、429万台 09年度8%減予測、32年ぶり低水準
 日本自動車工業会(自工会)は24日、2009年度の自動車の国内販売台数(軽自動車含む)が08年度見込み比8%減の約429万7000台になるとの見通しを発表した。1977年度(423万台)以来、32年ぶりの低水準となる。4月に導入予定の環境対応車向け優遇税制による一定の押し上げ効果は見込むものの、消費者の買い控えは長期化すると予測している。
 国内販売台数は4年連続の前年度比マイナスで、ピークだった90年度(780万3000台)の半分強に減少する。特に登録車(排気量660cc超)は同9.7%減の約257万7000台と大きく減少する。
 08年度の販売台数は前年度比12%減の466万9000台に落ち込む見通し。年度として500万台を割り込むのは80年度以来28年ぶりとなる。青木哲会長は会見で「足元の販売の落ち込みも想定以上だ」と悲観的な見方を示した。

三菱UFJ 600→500店体制 3年内に重複店舗リストラ
 三菱東京UFJ銀行は、旧東京三菱銀と旧UFJ銀で店舗展開地域が重複したままになっている約50カ所について、今後3年内をめどに拠点統合を進める合理化案をまとめた。昨年12月には、課題だった旧両行のシステム統合を完了させ、店舗で異なっていた商品・サービスも統一した。合併から3年が経過し、「同じ赤い看板が道を隔てて向かい合っている」といった問題を解消して名実伴った統合を加速し、一層のコスト削減での相乗効果を狙う。

経産省 太陽光パネル200基で調査 安定供給へ既存発電所と調整
 経済産業省は2009年度から、電力各社と協力し、全国各地に実験用の太陽光発電パネル200基を設置して、太陽光発電が既存の発電所に与える影響について調査に乗り出す。将来、天候によって発電量が左右される太陽光発電が、大量に電力網に組み入れられると、電力需要に応じて発電所が行っている周波数調整が難しくなるためだ。経産省は、収集データを生かして、IT(情報技術)や高性能蓄電池など先端技術をフル活用した次世代電力網「スマート・グリッド」を構築し、効率的な電力の安定供給をめざす。
 未来の日本の電力網で、太陽光発電は一大勢力に位置づけられている。政府は「低炭素社会づくり行動計画」で、太陽光発電の発電容量を、20年度に05年度比10倍の1432万キロワット、30年度に40倍の5321万キロワットにすることを目標に掲げており、規模は、現在運転中の原子力発電所53基の計4793万キロワットを上回る。

「日本の原子力は期待に応えていない」 20年版白書
 原子力委員会(近藤駿介委員長)は24日、地球温暖化対策として原子力の活用への期待が高まっているものの、国内では原子力発電所の稼働率低下などで「期待に応えていない」とする平成20年版原子力白書を閣議に報告した。白書は人材育成や途上国支援にも力を注ぐよう求めている。
 地球温暖化対策の手段として二酸化炭素(CO2)排出のない原子力が重要との共通認識が世界的に拡大していると指摘。日本では、原発の新設や稼働率向上、核燃料サイクルの中核施設である六ケ所再処理工場の操業段階への移行が重要だとした。ただ、新潟県中越沖地震の影響による柏崎刈羽原発の停止などで、「必ずしもその期待に十分に応えているものとはいえない」とした。

ソフトバンク版NGN,構想と装置は既にある(COLUMN)
 ソフトバンク・グループの次世代ネットワーク(NGN)は,まだ具体的な姿が見えない。しかし,その構想の一端をソフトバンクモバイル取締役専務執行役員の宮川潤一CTOに聞く機会があった。
 「次世代ネットワークに関して,僕は完全に統合論。一番大変なのは運用なんですよね。網が2面,3面あると,技術者が要りますから。だから1面化しようと考えています」。
 NTTのNGNとソフトバンクのNGNの違いはどこにあるのか。宮川氏は「NTTのNGNは1.2兆円もかかっているという。少なくともその10分の1以下で作り上げる,というのがソフトバンクの考え方」だとする。
 その低コストNGNを実現する肝がオールインワンの伝送装置だ。「GE-PON,ADSL,『おとくライン』用IPボード,それから基地局を収容するボードを1シャーシに入るように作らせた。地方には,ポンと1台置くだけでいい。一番コストがかかるのは場所代と電気代。運用費も設備投資もNTTのNGNとまったく違うものが作れるんですね」。
 宮川氏は,米シスコのジョン・チェンバーズCEOを直接口説いて新ルーター「ASR 9000」を作ってもらったという。他ベンダーにも同じ要求を出しており,3社のマルチベンダー構成にする考えだ。
 具体的な装置まで完成しているからには,ソフトバンク版NGNが日の目を見る時は近いのだろうか。「装置は作ったが,僕らは全国でいっぺんに展開できるほどお金を持っていない。少しずつ進めて,いずれはソフトバンク・グループのネットワークを統合しようと考えている」。
 なかなか意欲的なソフトバンク版NGNだが,姿を現わすのはまだ先になりそうだ。

|

« ガ━(゜Д゜;)━ン新聞 | トップページ | (゜Д゜;)新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478535/28782757

この記事へのトラックバック一覧です: (゜Д゜)人(゜Д゜)ナカマ新聞:

« ガ━(゜Д゜;)━ン新聞 | トップページ | (゜Д゜;)新聞 »